ページの先頭です

2015.5.11[mon] - 7.7[tue]

event

FUKUOKA STREAM

2015.07.07 [tue]

いくつものイノベーションの波から大きな流れが生まれる

FUKUOKA STREAM

福岡地域戦略推進協議会が福岡市とともに、「グローバル創業・雇用創出特区」を獲得してから1年が経過いたします。
これまで,様々なチャレンジにより、まちに変化が起こり、新しい波が生まれているところです。
そして今回、福岡に住む誰もがそれぞれの立場で、まちの将来像を思い描き、未来を語ることで、この波をさらに大きな流れとしていくために、「フクオカ・ストリーム」を開催いたします。

内容

・まちづくり、地域コミュニティ、IT、クリエイティブ産業、学生・留学生、民間企業など各分野を代表する方々と福岡市髙島市長をはじめとした特区に関わる方々によるトークセッション ・特区にまつわるパネルや福岡都心部のジオラマ展示など

スケジュール

14:00~14:06 オープニング・トーク
14:07〜15:07 トークセッション1「福岡だからできる暮らし方」
15:08〜15:38 パブリック・ライトニング・トーク

特区一周年を契機に、福岡の未来づくりに向けた宣言をしたい、約10名の一般市民からのプレゼンテーション

15:39〜16:39 トークセッション2「福岡の未来のまちづくり」
16:40〜16:55 福岡地域戦略推進協議会による報告
16:56〜17:00 クロージング・トーク

対象

福岡の将来像を思い描くすべての方

14:07〜15:07トークセッション1「福岡だからできる暮らし方」

市⺠ひとりひとりが福岡での暮らしをよくするため、福岡だからこそできる働きかた、「やりたいこと」の叶え⽅や、実施する⽅法を語り合い、参加者とともに考えます。

登壇者

パネリスト ​NPO法⼈AIP事務局⻑ 村上純志
NPO法⼈ドネルモ代表理事 ⼭内泰
株式会社ボーダレスジャパン取締役会⻑ ⽥⼝⼀成
⼥性起業家 尾⽅⾥優
モデレーター ​福岡地域戦略推進協議会フェロー ⻄⽥明紀

NPO法⼈AIP事務局⻑ 村上純志

前職のプログラマー・SEを経て、企業・若年者・女性向けにITスキル習得のきっかけとなる実践型講座(プログラミング、マネジメントなど)を提供する育成事業を展開している特定非営利活動法人AIP事務局長を務める。また、福岡の各コミュニティの活動拠点の一つ、大名のAIPCafeの管理人。コミュニティを支援する活動を行うとともに、短中長期的なIT人材の輩出やITを活用した地域の仕組み創りに取り組んでいる。「明星和楽」主催メンバーの1人。

NPO法⼈ドネルモ代表理事 ⼭内泰

九州大学芸術工学府修了(芸術工学博士、専門は美学・芸術学)。2030年代の超高齢社会を見据え、「人と社会のあいだに、新しい関係を見つけ出すことで、《あったらいいな》をかたちにする」ことを目指して、コミュニティデザインに取り組むNPO法人ドネルモの代表理事。地域活動に関わりの薄い層から担い手を掘り起こし、既存の担い手とつないでいく「地域デザインの学校」プロジェクトは、平成25年度福岡市共働提案事業として採択されている。

株式会社ボーダレスジャパン取締役会⻑ ⽥⼝⼀成

福岡生まれ。大学時に途上国における貧困問題を解決する夢を抱き「ダイナミックかつ継続的にお金を動かせるように」ビジネス側から起業を決意。ワシントン大学に1年留学後、株式会社ミスミを経て、ボーダレス・ジャパンを創業。多国籍シェアハウス「BORERLESS HOUSE」事業開始。その後「フェアトレード」ビジネスとして、妊産婦のためのオーガニックハーブティ「AMOMA natural care」事業や、アジア最貧国であるバングラデシュに革工場を創設し、自社ブランド「JOGGO」、「Business Leather Factory」事業をスタート。最近では、貧困農家支援にも取組む。2014年度は売上15億円を上回る規模にまで成長。

⼥性起業家 尾⽅⾥優

2009年九州大学入学。大学3年生の時に、休学し東京へ。経営コンサル企業で、7ヶ月間企業の働き方の見直しに従事。その後、ベンチャー企業の立ち上げに参画、インターンシップ事業を担当。福岡に戻り、NPO学生ネットワークWANの活動に参画し、2014年4月大学卒業と同時に若者の人財育成事業を中心としたビジップ株式会社の代表執行役社長に就任。2015年5月末で、上記役職を退任。

15:08〜15:38 パブリック・ライトニング・トーク

15:39〜16:39トークセッション2「福岡の未来のまちづくり」

どの都市よりも暮らしやすく、⼈の温かみを感じることのできる福岡。新しい⼀歩を踏み出すことを、誰もが応援してくれるまちなんて全国どこにもありません。そんな福岡だからこそ、市⺠⼀⼈ひとりが夢を描き、思いを寄せ合うとともに、「天神ビッグバン」など国家戦略特区を上⼿に活⽤していくことで、今よりもさらに魅⼒あふれる都市へと成⻑させることができるはず。登壇者と参加者が福岡の未来についてともに考えていきます。

登壇者

パネリスト 福岡市長 髙島宗一郎
西日本鉄道(株)取締役専務執行役員 ⾼崎繁⾏
(株)パルコ ​城⼾かなめ
(株)サエキジャパン取締役社長 佐伯岳⼤
モデレーター 福岡地域戦略推進協議会事務局長 ⽯丸修平

福岡市 髙島宗一郎

1974年11月1日生。1997年KBC九州朝日放送に入社。福岡の朝の顔としてワイドショーや環境番組のキャスターを務める。 2010年12月に福岡市長就任。都市経営の基本戦略「都市の成長と生活の質の向上の好循環の創出」に沿った様々な施策を展開。観光客数や企業立地数、市税収入が増え、住みやすさに対する市民評価、市政への信頼度も向上し、世界で最も住みやすい都市ランキングでベストテンに選ばれた。特に創業支援に注力し、2014年3月には国家戦略特区を獲得。規制改革等による新しい価値を生み出す環境づくりに精力的に取り組む。2014年11月、史上最多得票により再選。同年12月2期目就任。『人と環境と都市活力の調和がとれたアジアのリーダー都市』の実現に向けて、基本戦略に掲げる「好循環」を加速させるとともに、福岡市を次のステージへと押し上げるためのチャレンジ「FUKUOKA NEXT」を全力で推進中。

西日本鉄道株式会社 ⾼崎繁⾏

1955年生まれ、福岡県出身。 東京工業大学大学院修士課程(社会工学専攻)終了後、1980年西日本鉄道(株)入社。広報室長、企画部長、2008年に取締役執行役員、2014年から取締役専務執行役員。1995年福岡駅開発本部大型店課長以来、産官学民が一体となった福岡の地域戦略づくりやまちづくりに関与し、We Love 天神協議会(現理事長)、天神明治通り街づくり協議会(現会長)、福岡地域戦略推進協議会(現幹事)の発足・運営に関与するなど、福岡ならではのまちづくりを福岡の成長戦略に繋げる努力を続けている。

株式会社パルコ 城⼾かなめ

1981年生まれ、北九州市出身。 アパレルブランド勤務の後、2007年株式会社パルコに中途入社。新所沢パルコ勤務後、2011年3月より福岡パルコへ。地元物販の開発や媒体・広告制作、イベント企画、インバウンドなど担当。2012年より開催している九州の若手クリエイターを発掘するカルチャーイベント「天神ラボ」、今年は「夢を形に」というテーマで開催。若手クリエイターのクリエイションと企業を繋ぎ、ビジネスに発展するきっかけ作りとなるイベントを目指している。

株式会社サエキジャパン 佐伯岳⼤

1981年生まれ、19歳で起業、オフィス用品の販売等を展開。その後株式会社サエキジャパン設立、代表的な企画として、11月の終わりから12/25までの約1ヶ月間、約170万人を動員する「クリスマスマーケットin光の街・博多」がある。築地喜代村すしざんまい顧問等。

お問い合わせ先

福岡地域戦略推進協議会 事務局
担当:西田、原口 (TEL:092-733-5682)

開催名称
FUKUOKA STREAM
開催日時
2015.07.07(火)
14:00-17:00
開催場所
天神地下街
イベントコーナー
主催
福岡地域戦略推進協議会(FDC)
共催
福岡市
  1. home /
  2. event /
  3. FUKUOKA STREAM

top